違法な金利とは

お金キャッシングを利用する際に発生する金利については当然法律によって規制されています。これに関する法律としては利息制限法と出資法があります。現在はどちらの定める上限金利は同一となっています。これに違反している場合は刑事罰を受けることになります。また、違反している貸付については無効とされます。したがって、安心してお金を借りることができるのです。

基本的に上限金利は20%までとなっています。これは10万円未満に限ります。10万円から100万円未満の場合は年利18%までであり、100万円以上になると15%までとなっています。したがって、多くの消費者金融では最高金利が18%に設定されています。これは実際に利用する人が借りる金額というのは10万円以上となることが多いためです。ただし、中には最高20%の金利を設定している消費者金融もあります。そのような消費者金融でも借りた額が10万円を超えるケースでは年利は18%までとなります。借りた元金によって上限金利は異なっているのです。

また、遅延損害金に対しても上限金利が決められています。これは返済が遅れてしまったときに支払う遅延損害金に関する金利です。こちらは20%ほどにしている消費者金融が多いです。これは賃金業法における上限金利が20%になっているためです。

お金を借りる注意点

実際にキャッシングでお金を借りる際には金利に注目しましょう。当然金利の低い条件でお金を借りる方が利息を抑えることができるでしょう。まずはそれぞれの消費者金融の定めている金利に注目するべきです。基本的に上限金利はどこも変わりません。これはそれぞれの消費者金融が違法にならないギリギリの金利に設定しているためです。

期限大手の消費者金融の場合は無利息期間を定めていることが多いです。その期間内にきちんと返済することができるならば、無利息になるというサービスです。短期間利用するならば、このような期間を設定している消費者金融を選ぶと良いでしょう。例えば、1週間無利息キャッシングのNOLOANです。これは一週間であれば何度でも無利息というサービスで、この期間に返済できるのであればいつまでも利息無しでお金が借りることが出来ます。他にも初回限りではありますが、契約日から30日間無利息のレイクなどもあります。

基本的に金利は借り入れる額によって変動します。高額なお金を借りるほど金利は低くなり、逆に額が小さくなるほど金利は高くなってしまうでしょう。また、返済回数にも注目してください。どんどん繰り上げ返済をして短期間で完済することができるならば、たとえ多少金利が高かったとしてもそれほど負担は大きくならないでしょう。

基本的には金利の安いサービスを選ぶと良いでしょう。無利息期間や返済方法などその他の要因についても注目するべきです。また、違法な金利で借り入れることがないように気をつけましょう。

キャッシングと金利

キャッシングはとても便利なサービスです。生活をしているとさまざまな場面でお金が必要になってしまいます。最近は不景気であり、お金に苦労している方は多いです。生活費や家賃の支払いに困っていることや、どうしても欲しいものがあるのにお金が足りないという事態に陥ることは少なくないでしょう。そんなときに頼りになるサービスがキャッシングです。こちらを利用することによって、即日融資を受けることも可能といえます。すぐに自分の必要なお金を受け取ることができます。

お姉さんただし、キャッシングで借りたお金は返済しなければいけません。その際には金利が発生します。金利というのはお金を借りるときに発生するものであり、利子や利息などと表現されることもあります。お金を返済する際にはこの金利分のお金も含めて返済しなければいけません。つまり、実際に自分が借りたお金よりも多くのお金を返さなければいけません

それでは金利とはそもそもどういったものなのでしょうか。当たり前のように金利という言葉を使っている方が多いのですが、実際に金利の意味を正確に理解している人は少ないでしょう。そこでこちらでは金利について説明します。キャッシングの際に発生する金利とはどういったものなのか、具体的にどのくらいの金利がかかるのかを紹介しましょう。キャッシングをこれから利用したいと考えているならば、まずは金利について理解しておきましょう。ぜひとも参考にしてください。

金利とは何なのか

お金マークキャッシングを利用する際に問題となる金利とは一体何なのでしょうか。金利というのはお金を借りてそれを返済する際に支払う利息を決めるための割合のことです。したがって、金利は%で表示されます。利息というのはレンタル料のようなものといえるでしょう。利息をつけないとお金を貸す側には何の利益も生まれません。キャッシングのサービスには金利がきちんと表示されており、それによって計算される利息を支払わないといけないのです。

基本的に金利は年率によって表示されています。つまり、1年間お金を借りたときに利息がどのくらいの割合となるのかを示しているのです。もし金利が10%で10万円を借りたならば、1年後に支払う利息は1万円となります。年利の他にも月利や日歩といったものがあるのですが、これらが使われることは基本的にありません。

実質年率という言葉を見かけることがあるかもしれません。実際にキャッシングを申し込む際には審査を受けることになります。業者は調査をしたり、書類を作成したりしなければいけません。これらの費用が当然かかってくるのですが、これを利息としてまとめて請求するのです。つまり実質年率というのは、もろもろの費用を金利に含めたという意味です。したがって、基本的にキャッシングでは利息以外の費用が発生しないのです。