お金キャッシングを利用する際に発生する金利については当然法律によって規制されています。これに関する法律としては利息制限法と出資法があります。現在はどちらの定める上限金利は同一となっています。これに違反している場合は刑事罰を受けることになります。また、違反している貸付については無効とされます。したがって、安心してお金を借りることができるのです。

基本的に上限金利は20%までとなっています。これは10万円未満に限ります。10万円から100万円未満の場合は年利18%までであり、100万円以上になると15%までとなっています。したがって、多くの消費者金融では最高金利が18%に設定されています。これは実際に利用する人が借りる金額というのは10万円以上となることが多いためです。ただし、中には最高20%の金利を設定している消費者金融もあります。そのような消費者金融でも借りた額が10万円を超えるケースでは年利は18%までとなります。借りた元金によって上限金利は異なっているのです。

また、遅延損害金に対しても上限金利が決められています。これは返済が遅れてしまったときに支払う遅延損害金に関する金利です。こちらは20%ほどにしている消費者金融が多いです。これは賃金業法における上限金利が20%になっているためです。