お金マークキャッシングを利用する際に問題となる金利とは一体何なのでしょうか。金利というのはお金を借りてそれを返済する際に支払う利息を決めるための割合のことです。したがって、金利は%で表示されます。利息というのはレンタル料のようなものといえるでしょう。利息をつけないとお金を貸す側には何の利益も生まれません。キャッシングのサービスには金利がきちんと表示されており、それによって計算される利息を支払わないといけないのです。

基本的に金利は年率によって表示されています。つまり、1年間お金を借りたときに利息がどのくらいの割合となるのかを示しているのです。もし金利が10%で10万円を借りたならば、1年後に支払う利息は1万円となります。年利の他にも月利や日歩といったものがあるのですが、これらが使われることは基本的にありません。

実質年率という言葉を見かけることがあるかもしれません。実際にキャッシングを申し込む際には審査を受けることになります。業者は調査をしたり、書類を作成したりしなければいけません。これらの費用が当然かかってくるのですが、これを利息としてまとめて請求するのです。つまり実質年率というのは、もろもろの費用を金利に含めたという意味です。したがって、基本的にキャッシングでは利息以外の費用が発生しないのです。